スペイン代表(バスケット)

サイト名は「バスケットボールのスペイン代表情報ページ」、ヨーロッパバスケの強豪スペイン

FIBA女子U19ワールドカップの開催地はハンガリー、8月7日から15日、代表HCはマリオ・ロペス(公式サイト

大会メンバー12名

4.ママ・デンベレ(ミズーリ大)
5.ライア・ラマナ(サン・アドリア)
7.クラウディア・コンテル(17歳バレンシア)
8.ベゴーニャ・デ・サンティアゴ(エストゥディアンテス)
9.ジゼール・サンチェス(セグレXXI → アリゾナ大)
10.エレナ・ブエナビスタ(17歳/セグレXXI)2022からUCLAへ
12.チェル・アラルコン
13.マルタ・モラレス(→ UCLA)
14.Elba Garfella
15.Gedna Capel(サン・アドリア)
16.マルタ・ガルシア(アリゾナ大 → フロリダ・アトランティック大)
17.マルタ・スアレス(テネシー大)

1次ラウンド

韓国戦

87-37で勝利
マルタ・ガルシアはベンチから15分6秒で16得点
クラウディア・コンテル、G.サンチェス、ブエナビダが10得点ずつ
ライア・ラマナは20分48秒で8得点7アシスト9スティール

ブラジル戦

83-22で勝利
ベゴーニャ・デ・サンティアゴがベンチから22分43秒で15得点6リバウンド
ライア・ラマナもベンチから18分24秒で6得点7アシスト
17歳クラウディア・コンテルはスターターで19分57秒8得点3アシスト5スティール

ベゴーニャ・デ・サンティアゴは3Pが5/8

チームは大勝

フランス戦

61-65で敗戦
チェル・アラルコンがスターターで32分33秒で15得点
クラウディア・コンテルもスターターで32分40秒で12得点6リバウンド

決勝トーナメント

1回戦:日本戦

71-64で勝利
ベンチから出場の17歳ブエナビダが21分39秒で16得点5リバウンド2アシスト2スティール

準々決勝:アメリカ戦

64-98で敗戦
クラウディア・コンテルがベンチから22分27秒で20得点3アシスト6スティール

5-8位決定戦:チェコ戦

63-66で敗戦
コンテルが27分間で12得点5リバウンド3アシスト2スティール
ブエナビダが23分間で10得点7リバウンド2アシスト4スティール

7-8位決定戦:ロシア戦

60-51で勝利
ライア・ラマナは36分35秒で12得点4アシスト5スティール
G.サンチェスとE.ブエナビダが10得点ずつ

個人成績とその他の国

スティールランキングは
スペインのライア・ラマナが7試合で25スティール、1試合平均3.6で1位
さらにスペインのクラウディア・コンテルが7試合で22スティール、1試合平均3.1
スペインはチーム全体で7試合で100スティールも大会トップ

またマリ共和国のシカ・コネ(スペインリーグ)得点とリバウンドでともにトップ
得点は平均19.7、リバウンドは平均14.8

7月30-31強化試合

30日:スペイン 53-74 アメリカ(BOX
31日:スペイン 59-79 アメリカ(BOX

7月10日候補16名発表

5月の合宿メンバーから多少変更あり

4.ママ・デンベレ
5.ライア・ラマナ
6.フリア・ルエダ
7.クラウディア・コンテル
8.ベゴーニャ・デ・サンティアゴ
9.ジゼール・サンチェス
10.エレナ・ブエナビスタ
12.チェル・アラルコン
13.マルタ・モラレス
14.Elba Garfella
15.Gedna Capel(サン・アドリア)
16.マルタ・ガルシア
17.マルタ・スアレス
アメリカ戦に出た13人

———————-
アルバ・オロイズ
クリスティーナ・マト
Chisomaga Okafor

5月発表の合宿メンバー

ママ・デンベレ
アルバ・オロイズ
ベゴーニャ・デ・サンティアゴ
クリスティーナ・マト
フリア・ルエダ
チェル・アラルコン
アレハンドラ・サンチェス
マルタ・モラレス
マリア・トーレス
ジゼール・サンチェス
Gedna Capel(サン・アドリア)
マルタ・ガルシア
パウラ・フライレ
マル・パチェコ
マリオナ・プラネス
ミレイア・ポジャト