スペイン代表(バスケット)

サイト名は「バスケットボールのスペイン代表情報ページ」、ヨーロッパバスケの強豪スペイン

大会期間は2009年7月16日から26日ギリシャ開催、スペインはチャビ・ラバセダ、ペラ・トマス、パブロ・アギラールなどの活躍で2年連続の銅メダル。

大会メンバー(所属は当時)

04. ホルヘ・フェルナンデス 183㎝

Jorge FERNÁNDEZ
グラナダ(1部ACB)所属

05. ホセ・アントニオ・マルコ 178㎝

José Antonio MARCO
ムルシア(1部ACB)所属

06. ライ・ロペス 181㎝

Rai LÓPEZ
ウニカハ・マラガ(下部組織)所属

07. パブロ・アルマサン 200㎝

Pablo ALMAZÁN
グラナダ(下部組織)所属

08. ペラ・トマス 200㎝

Pere TOMÁS
DKVジュベントゥット(1部ACB)所属

09. アレックス・ジョルカ 192㎝

Alex LLORCA
マンレサ(1部ACB)所属

10. チャビ・ラバセダ 197㎝

Xavi RABASEDA
F.C.バルセロナ(下部組織)所属

11 ルイス・パレホ 193㎝

Luis PAREJO
フエンラブラダ(下部組織)所属

12. ママドゥ・サム 204㎝

Mamadou SAMB
F.C.バルセロナ(下部組織)所属

13. セルヒオ・デ・ラ・フエンテ 197㎝

Sergio De la FUENTE
バリャドリッド(1部ACB)所属

14. オスカール・ラジャ 209㎝

Oscar RAYA
F.C.バルセロナ(下部組織)所属

15. パブロ・アギラール 203㎝

Pablo AGUILAR
グラナダ(1部ACB)所属

ヘッドコーチはグスタボ・アランサーナ(Gustavo ARANZANA)

大会成績

1次リーグ

スペイン 84-72 ロシア(ラバセダ36得点)
スペイン 89-71 スロベニア
スペイン 73-66 ラトビア(ペラ・トマス25得点)

2次リーグ

スペイン 62-60 イタリア(デ・ラ・フエンテ20得点)
スペイン 70-60 ギリシャ(ペラ・トマス21得点13リバウンド)
スペイン 84-76 フランス(ラバセダ23得点、ママドゥ・サム18得点13リバウンド)

決勝トーナメント準々決勝

スペイン 77-60 トルコ(ラバセダ18得点、ペラ・トマス14得点)

決勝トーナメント準決勝

スペイン 76-87 ギリシャ(ラバセダ19得点、アギラール16得点)

ギリシャにはニコス・パッパス、コスタス・パパニコラオウがいました。

3位決定戦

スペイン 75-72 イタリア(ペラ・トマス18得点)

2009年U20銅メダルメンバーの今(2014年4月追記)

チームのエースだったチャビ・ラバセダはこの時バルサのBチームでプレーしていて将来を期待されていました、レンタル移籍したりバルサにいたりを続け、現在はACBのエストゥディアンテス所属も2013-14シーズンあまり活躍できていません。他に主力だったペレ・トマスはCAIサラゴサに移籍、ママドゥ・サムもビルバオに移籍しました。セルヒオ・デ・ラ・フエンテはプロキャリアからは引退し、大学でプレーしているようですが、2013年レッドブルの1on1トーナメント(アルカトラズ島)で決勝進出を果たしました。

パブロ・アギラール

今大会では4試合のみのプレー、平均28.0分間12.5得点5.3リバウンドという成績でしたが、2010年CAIサラゴサと3年契約(移籍金は225,000ユーロ)、さらに活躍して2013年7月バレンシアと3年契約(移籍金は140,000ユーロ)とステップアップしています。そして何より2013年夏にはスペイン代表入り、フル代表メンバーとしてヨーロッパ選手権に出場、銅メダルメンバーとなりました。

個人成績

スペインからはチャビ・ラバセダがスティール王となりました。大会得点王はドイツのロビン・ベンジング、その他ではその他ではクロアチアのボヤン・ボグダノビッチ、フランスのケヴィン・セラフィンなどが参加していました。

なお大会順位は1位ギリシャ、2位フランス、3位スペイン、4位イタリアでした。

さらに追記(2015年4月)

セルヒオ・デ・ラ・フエンテですが、2014-15シーズンから再びトップレベルへ復帰、スペイン2部リーグのバリャドリッドでプレーをしています