スペイン代表(バスケット)

サイト名は「バスケットボールのスペイン代表情報ページ」、ヨーロッパバスケの強豪スペイン

大会期間は2008年8月1日から10日でラトビアのリーガ開催、スペインはエースのビクトル・クラベールの活躍で銅メダル。主力選手はクラベール、キノ・コロム、ペラ・トマス、パブロ・アギラール、ベンチからラバセダ、デ・ラ・フエンテ、ルビオ兄といったところか。

大会メンバー(所属は当時)

05. ホセ・アントニオ・マルコ 178㎝

José Antonio MARCO
ムルシア所属

06. ライ・ロペス 181㎝

Rai LÓPEZ
ウニカハ・マラガ(育成組織)所属

08. ペラ・トマス 200㎝

Pere TOMÁS
DKVジュベントゥット

09. アレックス・ジョルカ 192㎝

Alex LLORCA 

10. マルク・ルビオ 178㎝

Marc RUBIO

11. ホアキム・コロム 188㎝

Joaquim COLOM

12. チャビ・ラバセダ 197㎝

バルセロナ(育成組織)所属

13. セルヒオ・デ・ラ・フエンテ 197㎝

バリャドリッド所属

14. オスカール・ラジャ 209㎝

Oscar RAYA

15. パブロ・アギラール 203㎝

Pablo AGUILAR

16. ハビエル・ベガ 205㎝

Javier VEGA
フランラブラダ所属

17. ビクトル・クラベール 205㎝

Víctor CLAVER
パメサ・バレンシア所属

北京五輪代表候補だったが直前で外れ、U20代表に合流

HCはグスタボ・アランサーナ
Gustavo ARANZANA
23/03/58 –
20年近いキャリアのあるベテラン指導者
2年連続でU20欧州選手権を指揮

ACはヘスス・サラとアントニオ・ペレス(Antonio Pérez) 

大会について

スペインはセミファイナルで リトアニアに敗れる
大会得点王はモンテネグロのブラディミール・ダシッチ、スペインのコロムがアシスト王
その他ではセルビアのマチュバン、ロシアのシュベド、リトアニアのモティエユーナスも参加

大会前合宿、強化体制

北京五輪:2008年8月9日から8月24日
U20ヨーロッパ選手権:2008年8月1日から10日

6月10日
17歳のリッキー・ルビオがスペイン代表候補
18歳のビクトル・クラベールはスペイン代表招待選手として呼ばれる(サダ、ベルニ、トゥリゲロと一緒)

6月19日ごろ
クラベールは2日ごろからアメリカに渡ってNBA関連で練習に参加していたよう(2週間程度)そして帰国

6月30日U20代表候補14日が発表に、クラベールの名前もしっかり入っている
Jorge Fernández (CB Granada)
Xavi Forcada (L’Hospitalet)が外れる

7月18日フル代表の対ポルトガル戦(親善試合)でルビオとともにクラベール、A代表デビュー

U20代表の強化

7月7日マドリードに集合、合宿スタート
7月12日マドリードでアンゴラ(A代表)と対戦、66-58で勝利(デ・ラ・フエンテ15得点、アギラール14得点、R.ロペス11得点)
7月15日からルクセンブルク合宿
7月16日 対ロシア 69-57
7月17日 対ルクセンブルク 110-94
7月19日 対リトアニア 63-95
7月19日 対フランス 76-84 (このときアマット・ウンバイがフランスチームに)
7月20日 対トルコ 82-71(キノ・コロム30得点)
7月22日からフランスで強化国際大会
7月23日 対ギリシャ 71-72
7月24日 対ブルガリア 73-61(このあたりでクラベール合流)
7月25日 対フランス 73-79
7月26日ラトビアのリーガ入り

本大会公式サイトのスペインのページ