スペイン代表(バスケット)

サイト名は「バスケットボールのスペイン代表情報ページ」、ヨーロッパバスケの強豪スペイン

2020年の東京オリンピック、直近ではUAEでのU17世界選手権にむけた強化の一環で日本も出場したドイツ・マンハイムでのアルバート・シュバイツァー・トーナメントにはスペイン代表も出場しました。第1回大会が1958年、以後中断期間もあったものの2年に1度の開催で今年は27回目の歴史ある大会。スペインは過去1998年に黄金世代のナバーロ、カルデロン、レジェス、ガソールらの世代と2012年の前回大会(新しい黄金世代と言われる?)の2度優勝をしています。

Torneo Albert Schweitzer

第2戦U18中国代表戦の様子

大会メンバー

04. チャビ・オロス 193㎝

Xabier OROZ
Azpeitia Azkoitia I.S.B.(スペイン3部)所属

05. セルジ・コスタ 188㎝

Sergi COSTA
C.B.PRAT Joventut(スペイン3部)所属

06. フランセスク・イトゥリア 179㎝

Francesc ITTURIA
C.B.PRAT Joventut(スペイン3部)所属

07. ヤンクバ・シマ 211㎝

Yankuba SIMA
カナリアス・バスケットボール・アカデミー所属

ウイングスパンが225cm
08. マルク・ガルシア 198㎝

Marc GARCÍA
F.C.バルセロナB(スペイン2部)所属

09. パブロ・ペレス 180㎝

Pablo PÉREZ
バレンシアB(スペイン4部)所属

10. カルロス・マルティネス 200㎝

Carlos MARTÍNEZ
ラボラル・クチャ(1部ACB)所属

11. マルク・バウサ 206㎝

Marc BAUZA
C.B.PRAT Joventut(スペイン3部)所属

12. ハコボ・ディアス 188㎝

Jacobo DIAZ
エストゥディアンテスB(スペイン4部)所属

13. ニル・サバタ 203㎝

Nil SABATA
マンレサ(下部組織)所属

14. アドナン・オメラギッチ 196㎝

Adnan OMERAGIC
F.C.バルセロナ(下部組織)所属

15. ダビド・マルティネス 203㎝

David MARTINEZ
F.C.バルセロナ(下部組織)所属

ヘッドコーチはレアル・マドリードのホタ・クスピネラ(José Ramón Cuspinera)
ACはホアキン・プラド(Joaquin Prado)

大会成績

1次リーグ

スペイン 88-55 ボスニア・ヘルツェゴビナ(外部リンク:PDF)
スペイン 100-71 中国(外部リンク:PDF)
スペイン 67-83 イタリア(外部リンク:PDF)

2次リーグ

スペイン 64-69 アメリカ(外部リンク:PDF)
スペイン 84-89 ウクライナ(外部リンク:PDF)

7-8位決定戦

スペイン 53-68 ドイツ(外部リンク:PDF)

対アメリカ戦で主にプレーした選手たち

こういった大会ではプレータイムを均等に分け合うのがスペインのアンダー世代の代表チームの1つの特徴ですが、U18アメリカ代表戦では話が違ったようで、

  • PGのフランセスク・イトゥリアが28分間プレー
  • SGのチャビ・オロスが25分間で8リバウンド7アシスト
  • SFのマルク・ガルシアが35分間で22得点
  • PDのヤンクバ・シマが36分間で16得点15リバウンド
  • Cのマルク・バウサが34分間で17得点

実質この5人プラス、シックスマンのカルロス・マルティネス(この日はファールアウトして9分間のプレーに終わっている)がチームの中心でした。対アメリカ戦という場面でスターターと控えの実力差がはっきりと表れたのかなと推測しました。

マルク・ガルシア

ACB未デビューながらバルサのカンテラU18チームから飛び級でスペイン2部を戦うバルサBチームへ昇格し、3月にはバルサとの契約を2018年まで延長した(バルサとは2012年7月U16欧州選手権で平均16.1得点の得点ランキング4位の時に契約済)。アメリカ戦では22得点の他、ウクライナ戦で34得点、ボスニア・ヘルツェゴビナ戦で28得点を記録した。

カルロス・マルティネス

1月に18歳になったばかりの選手ですが、スペイン1部ACBラボラル・クチャの選手で、1月24日ホームでの対オリンピアコス戦でユーロリーグデビューしたばかり、将来期待のスペイン人SFです

ヤンクバ・シマ

スペインのジローナ出身の黒人選手でウイングスパンは225㎝あるとか、カタルーニャ州のあるチームのジュニオールBでプレーしていたが、2013年夏カナリア諸島にあるカナリアス・バスケットボール・アカデミー入りすると頭角を表し、2013年末の毎年恒例U18強化合宿@バラカルド(国際親善大会)で初招集され、4月マンハイムでのU18代表にも選ばれ輝きを見せている。2014年4月現在、彼のプレー動画はまったくYouTubeにも出回っていない無名の選手ながら、来季はNCAAでプレーするのでは?と噂されている。スペイン生まれスペイン育ちのスペイン人なので、帰化枠にならない未来のスペイン代表ビッグマン?

パブロ・ペレス

15歳の時から大人のチーム4部バレンシアBでプレーしていたが、2013年10月19日16歳7ヶ月と23日でクラブ史上最年少ACBデビューも飾った。今大会唯一の1997年代生まれの選手で2014年夏のU17世界選手権にも出場可能。

大会を彩ったスターたち

大会得点王はスウェーデンのハカンソン(6試合平均25.5得点)、2位はスペインのマルク・ガルシア(5試合平均23.8得点)また優勝したイタリアのフェデリコ・ムッシーニは7試合で20.3得点で4位でした。ハカンソンはFCバルセロナ所属ですでにBチームの主力、2部リーグの試合を戦っている選手、さらにスウェーデンのフル代表でヨーロッパ選手権にも出ている選手です。

また大会3位のセルビアは、ステファン・ラザレビッチはセミファイナルのアメリカ戦で25得点13リバウンド、またスレファン・ペノはベネズエラ(ガイアナ系)のセルビア人でバルサ所属、ハカンソン同様すでにスペイン2部リーグのバルサBでプレーしている選手でした。

なお大会順位は1位イタリア、2位アメリカ、3位セルビア、4位トルコでした。

資料やリンク

大会公式サイト(ドイツ語/部分的に英語)
U-18日本代表 アルバート・シュバイツァー・トーナメント参加メンバー発表 / トーマスのブログ