スペイン代表(バスケット)

サイト名は「バスケットボールのスペイン代表情報ページ」、ヨーロッパバスケの強豪スペイン

U18 Europa Championship Men(2007年8月3日から12日)
地元開催で18歳17歳が主力のチームに16歳のリッキー・ルビオも参加したものの屈辱の5位
会場はテレフォニカアレナ

大会メンバー(所属は当時)

04. オルランド・カミン 202㎝

Orlando CAMIN
18歳、控えセンターとして平均6.9分間プレー

05. ホセ・アントニオ・マルコ 178㎝

José Antonio MARCO
18歳、控えガードとして平均15.1分間プレー

06. ホルヘ・サンターナ 191㎝

Jorge SANTANA
17歳、グラン・カナリアのカンテラ所属

07. ルイス・パレホ 193㎝

Luis PAREJO
18歳、2005年のU16代表選手

08. ペラ・トマス 200㎝

Pere TOMÁS
大会後すぐに18歳となる年齢だがチームの主力
平均30.9分間13.8得点

09. リッキー・ルビオ 192㎝

Ricky RUBIO
1人だけ16歳で参加、27.9分間19.1得点

10. チャビ・ラバセダ 197㎝

Xavi RABASEDA
18歳、チームの主力の1人
大会では平均26.0分間プレーした

11 ライ・ロペス 181㎝

Rai LÓPEZ
18歳の控えのガードプレイヤー

12. オスカール・ラジャ 209㎝

Oscar RAYA
18歳の控えのセンター、平均11.8分間プレー

13. セルヒオ・デ・ラ・フエンテ 197㎝

Sergio De la FUENTE
バリャドリッド(1部ACB)所属
チームの主力の1人
今大会は平均22.4分間プレーして13.6得点

14. パブロ・アルマサン 200㎝

Pablo ALMAZÁN
18歳、控え選手

15. パブロ・アギラール 203㎝

Pablo AGUILAR
18歳ですでにACBデビュー済
今大会は平均29.8分間16.8得点8.6リバウンド

HCはルイス・ギル
Luis GUIL
16/07/71 –
4年連続でU18代表のコーチ
前年のU18代表では銅メダル

大会について

優勝は開催国のセルビア、2位ギリシャ、3位がラトビアでした。
セルビアは7月のU19世界選手権に続いてU18欧州選手権も制覇。ミラン・マチュバンが大活躍
得点王&リバウンド王はオハイオ州立大にいたコスタ・コフォス(ギリシャ)
アシスト王はギリシャのMarios Matalon(当時はワイオミング大所属)
リッキー・ルビオは大会ベスト5にこそ選出されたがチームを金メダルに導けず
その他ギリシャのニコス・パッパスやクロアチアのマリオ・デラシュなども出場していた